ブログ

HOME »  ブログ »  うちの猫が膀胱炎になりました🐈
9月23日

うちの猫が膀胱炎になりました🐈

 

こんにちは!

看護師の難波です(*^^*)

 

 

 

深夜に実家から『くるみちゃんが血尿している!』と連絡がきました。

 

これは大変だ!と思い次の日急いで病院へ…

おしっこ検査とエコー検査をしてもらいましたが、膀胱もきれいで

おしっこから細菌も結晶も出ておらず…今回の血尿は特発性膀胱炎でした👩

 

 

 

 

特発性膀胱炎とは一体何か…

結論からいうと原因はよくわかっていません。

今回のくるみちゃんのようにおしっこ検査もエコー検査もなんの異常もないのに、頻尿・血尿などのおしっこのトラブルが出てしまう子のことを言います。

 

 

 

原因不明!?と思いますが、実は猫ちゃんの膀胱炎の半分以上がこの特発性膀胱炎です。

 

 

 

特定の原因はわかっていませんが、この膀胱炎は膀胱自体の問題というよりも膀胱に影響を与えている食事やストレスが問題です。

 

 

 

最近急に涼しくなって、気候の変化で体調をくずして来院されるワンちゃん猫ちゃんが多いのでうちの子もそうなのかな…なんて考えながら

今回はおしっこのトラブル用のフードを与えて様子をみる事になりました🍚

 

 

 

 

後は、特発性膀胱炎の今後の再発予防策として…

飲水量を増やすためにいつもと別の場所にもお水を置いてみたり、

お留守番中でもなるべく綺麗な状態のトイレで用を足せるようにトイレの数を3個から4個に増やしてみたり…

 

とりあえず、すぐに改善できる事はやってみました…💪

 

 

 

 

それと+αで今回フェリウェイを購入!!

(撮影中に関原先生が…😮)

 

 

 

これは拡散器を使って、猫ちゃんが安心するフェロモンをお部屋全体に拡散させるアイテムです!

猫ちゃんはほっぺ周りからフェイシャルフェロモン「F3」を分泌させて

それを人や家具などに擦り付けて、「この人はワタシのもの~」「ここはワタシの場所~」と自分自身が安心する環境作りをしています。(いわゆるマーキングです)

 

 

 

フェリウェイは、そのフェロモンに似た物質を拡散させることで、猫ちゃんが安心できる環境を作り、ストレスを軽減してくれる効果があるんです✨

 

 

・多頭飼い飼育

・引っ越しや来客などの環境の変化

・粗相や尿スプレー行動・不適切な場所での爪とぎなどの問題行動の緩和

などなど…猫ちゃんがストレスを感じてしまう場面で効果を発揮してくれます!

 

 

 

 

くるみちゃんは今回の血尿とは別で、たまに留守中に粗相をしたり

過度なグルーミングで尻尾の毛が薄くなることがあるのでそこも改善されるといいなあ~と期待しています。

 

 

 

すこしでもくるみちゃんのストレスが緩和されますように…( ToT )/

 

 

 

 

 

 

【おまけ】

くるみちゃんのエコー中の絶望フェイスです🥰

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.