ブログ

HOME »  ブログ »  犬の肛門周囲腺腫
9月16日

犬の肛門周囲腺腫

※スマホでご覧の方は、横画面で見て頂くと見やすいですよ!!


肛門周囲に出来る腫瘍、「肛門周囲腺腫」です。

肛門周囲に見られる最も多い腫瘤です。

肛門周囲腺腫は、去勢手術がなされていない8才を越えた老齢のオスのワンちゃんに多く見られます。
去勢手術と関係あることから、男性ホルモンが関与していると言われています。
男性ホルモンが関与する疾患として、他に前立腺の肥大や精巣の腫瘍などがあります。

今回のワンちゃんは、高齢で全身麻酔が難しいと考え、
局所麻酔下で、半導体レーザーを使って手術をしました。
レーザー手術は、皮膚を切りながら同時に止血ができるので、ほとんど出血もしません。
日帰りで退院です。


手術前

直径2cm大の腫瘤があります。

手術後

すっきりしました。

おしり周りのじゅくじゅく、出血から解放されます。

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.