ブログ

HOME »  ブログ »  本当に怖い誤食
10月29日

本当に怖い誤食

こんにちは。獣医師の藤原です!

今回は症例報告です。

 

食べてはいけないものを食べてしまうこと「誤食」

犬猫には危険な食べ物を食べてしまった場合もあれば、

食べ物でもないおもちゃなどを食べてしまっていることもあります。

 

 

今回は裁縫針!!!

猫ちゃんは特にひも状のもので遊ぶのが好きな子が多いです。

糸を咥えて遊んでいる間にそこについている針を飲んでしまうことは意外とよくあります。

飲んでしまったら大変!

針は消化管を突き破ってしまう可能性もあるため、

吐かせる処置で取り出すことはできず、内視鏡や手術でお腹を開けて取り出さなくてはいけません。

 

今回の場合はなんと上あごに突き刺さっていました・・・Σ(゚д゚lll)

まっすぐに刺さった針がくっきり写っています。何とも痛々しい;;

(顔回りを触られるのを嫌がっていたためエリザベスカラーをつけて撮影しています)

 

ですが、あごに刺さっていてくれたことが不幸中の幸いで、鎮静下で摘出することができました。

 

傷跡もほとんど残らず出血もせずに済みましたが、これが胃まで行ってしまっていたらと思うとゾッとします・・・

 

 

我々人間からするとなんでそんなものを食べるんだ!?と思ってしまうのですが、

遊んでいるうちに・・・や、咥えていることを怒られてびっくりした拍子になんてこともあります。

針や硬貨などの金属類はレントゲンに写るため、本当に食べているかが確認できます。

 

食べさせないことが一番大事!!!

食べたら危険なものはペットさんの届くところに置かないように気を付けて下さいね。

 

万が一食べてしまった場合はできるだけ早くご来院いただければと思います(`・ω・´)

 

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.