ブログ

HOME »  ブログ »  動物映画
8月25日
スタッフブログ

動物映画


 

 

こんにちは( ̄▽ ̄)

 

看護師の藤居です。

 

 

先日西尾さんがブログで紹介されていた映画

「犬部!」

 

 

藤居も観に行きまして、今月はこれしかない!と思い

ネタ被りを西尾さんに了承頂き、改めて紹介したいと思います。

 

 

 

まずこの映画、滋賀では大津アレックスシネマが

唯一の上映館となっております。

 

 

観終わった感想としてまず言いたいのは、

 

 

 

何でここだけでしかやってないの?

 

て感じで、もっと色んな劇場で公開されていれば

より多くの方々に観て頂けるのでは

と思ったのですが、大人の事情なんですかね

 

 

 

 

動物を一頭も殺させないという信念をもつ、

犬が大好きで犬バカなんて言われる獣医学生の主人公が、

その信念の一環として、

犬猫の保護・譲渡を主な活動として同級生や後輩達と

起ち上げたサークルが、タイトルの「犬部」です。

 

 

物語ではサークル活動だけではなく、

卒業して社会人となってからの姿が交互に描かれる構成となっており、

信念を貫き続ける主人公と、様々な経験から現実の厳しさを知り、

理想と現実のギャップや自分の無力さに思い悩むかつての

サークル仲間達が対照的に描かれ、様々な問題を抱える動物業界が

細かく描写されていました。

 

 

動物の命を救うために獣医師を目指したにも関わらず、

実習などで命を奪わなければいけない葛藤であったり、

殺処分をなくすために保護センターに勤めたにも関わらず、

里親を見つけても見つけても次々と動物が送られてきて、

殺処分をし続けなければいけない絶望感といった心理描写もあり、

命を救うことと命を奪うことが常に表裏一体と

なっていることを表しているようでした。

 

 

 

「命を救う」ってとても響きが良い言葉ですが、

動物病院で働いて6年。

その言葉の重みと難しさを知り、

個人的には簡単に口にできない言葉です。

 

しかし、ただその言葉を実現させることだけを考えて

直向きに行動する主人公は、何より説得力があり、口だけで

終わらせない人物でだったので、ここまで積極的に行動できれば

どれだけの命が助けられるだろうとしみじみ感じました。

 

 

映画と言えど、実話を元に作られたお話みたいなので、

実際にこう言う活動をされていたんですよね

本当に凄いです。

 

 

 

こんな活動をしてみたいと思いながらも、

劇中のようにもっとたくさんの命が守られてほしいと思いながらも、

まだまだ果てしない問題を前に何も出来ないただの偽善者な自分ですが、

これから先の自分の在り方を考えさせられました。

 

 

 

 

抱いた感想はまだまだ語り尽くせませんが、

話が溢れて収集がつかなく

なってしまいますので、今回はこの辺で。

 

 

 

 

藤居は映画の関係者でも何でもありませんが、

動物業界で働く一個人として、たくさんの

方に見てほしい作品だったので、ご興味あれば

是非ご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん猫も出てきます。

 

 

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.