ブログ

HOME »  ブログ »  マイラブドッグ
5月20日

マイラブドッグ

こんにちは!

こにし動物クリニックトリマーの山本です🐶

気軽にお外に出れないこの時期、お家でいつも以上にわんちゃんと一緒にいる時間が多かったと思います。

愛犬を撫でている時に、ちょっと毛が絡まってるかも…なんて思うことありませんか?

ふと見たら、足で体を掻きむしっていたり。

ブラッシングは犬を飼う上で、ものすごく大切なことなのです。
毛の長さに関わらず、どの犬種にとってもブラッシングは効果的です。

ブラッシングはなぜ必要なのか

毛並みを整えるだけのもの、と思いがちですが、ブラッシングをすることで、

・外見を整える
・体調を管理する
・飼い主との関係性を築く

といった、3つの効果が得られます

ブラッシングは外見を整える

当たり前のことかもしれませんが、ブラッシングをすることで犬の見た目がきれいになります。

体全体をブラッシングすることで、犬が自分では届かないような場所まで毛並みを整えることができますよね。
また、毛の絡まりも少なくなり、絡まっているのを見つけたときも、ほどいてあげることができます。

ブラッシングは体調管理に必須

ブラッシングの1番の目的は、実は犬の体調を管理することにあるのです。

お散歩したときについたホコリや花粉。家の中でついたノミやダニなど、蓄積すると皮膚炎の原因になりかねないものを、ブラッシングによって取り除くことができるのです。

また、他の毛とからまって隠れている抜け毛を除去することが、とても重要なポイントになります。
皮膚の周りを覆う毛が多いと、熱がたまってしまい、犬が自分で体温の調節をすることが難しくなってしまいます。
しかし、無駄な毛をブラッシングで除去することで、空気が通るようになり、新陳代謝が上がり、健康に過ごすことができるのです。

そして、ブラッシングを習慣づけて行うことによって、犬の健康状態の変化にも、より早く気付けるようになります。
皮膚にできものがないか、炎症を起こしていないかなど、少し注意しながらブラッシングしてあげるといいかもしれません。

ブラッシングは飼い主との関係性を築く

ブラッシングは、ただのお手入れという風にとらえるのではなく、犬と触れ合う時間です。

犬にとっても、体を整えるだけでなく、飼い主とのスキンシップを通してリラックスできる時間になるのです。

最初は嫌がる犬もいますが、回数を重ねるごとに落ち着き、より近い関係性を築くことができるようになります☺️

みなさんもぜひやってみてください!

では、トリミングご利用のわんちゃんをご紹介します✨

ポメラニアンのうるちゃん♡

初めてのトリミングです!!

ハーブパックもしましたよ🌿

お家で何回かお風呂に入っていたようですが、お顔に水がかかるのが苦手😖これから頑張っていこうね!

カットは毛先を揃えました(。•̀ᴗ-)✧

 

 

トイプードルのゆうりちゃん♡

お久しぶりのカット!

ご飯やお水の時にお口周りが濡れちゃうので、短めにしました✨

ポメラニアンのこうめちゃん♡

まだ半年のパピーさんです☺️

元気いっぱいなこうめちゃん、カット中にウトウトしちゃう姿がとっても可愛い💓

 

麦ちゃん♡

いつもはシャンプーだけですが、今日はカットも!

お尻スッキリとお耳の飾り毛を切ってみました😄

飾り毛を切るだけでもだいぶスッキリと見えるので、カットしてみたいな〜でも短すぎるのは嫌だなぁとお悩みのチワワやダックスさんオススメです!

 

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.