ブログ

HOME »  ブログ »  よくある質問【デンタルケア編】①骨・ひづめなど硬いものは歯にいいの?
7月21日
スタッフブログデンタルケア

よくある質問【デンタルケア編】①骨・ひづめなど硬いものは歯にいいの?

 

  

こんにちは!看護師の難波です(^o^)

私はわんちゃんの歯みがき個人レッスンを担当しているのですが、今回は飼い主様からよくいただくデンタルケアについての質問をご紹介しようとおもいます!

 

 

  

①骨・ひづめなどの硬いものは歯にいいの?

 

◆ わんちゃんは歯が強いイメージがありませんか?

 

わんちゃんのキャラクターって骨をくわえていること多いですよね(*^-^*)

そのため、骨をかじっているから歯は強い!というイメージをお持ちの方も多いと思います。

が!実はそれは間違いなんです(。>0<。)

 

わんちゃんの歯のエナメル質(表面の硬い部分)は人間のエナメル質よりもかなり薄く、硬いものを噛むとすぐに欠けてしまいます。

(人間のエナメル質は1mmですが、わんちゃんは0.4mmしかありません)

 

 

◆ わんちゃんと人間では噛み合わせも違います。

これはわんちゃんの歯の模型です。

  

人間の奥歯は上と下の歯がしっかり噛み合わさっていますが、犬の奥歯はハサミのように咬合しています。

これは本来、狩りをした時に肉を切り裂くための歯だからです。

 

奥歯を拡大してみてみましょう。
上の歯としたの歯が噛み合っていないのがわかりますね

 

ハサミで硬いものを切ろうとすると刃こぼれしてしまいますよね?

わんちゃんの歯もそれと同じ状況なんです( p_q)

 

 

ここには載せませんが、オオカミの狩りの写真などを調べてみてください。

顎の力が強いオオカミでも骨は食べず、その周りのお肉だけを食べているのがわかります🍖

 

 

◆ 硬いおやつには要注意!

 

・ひづめ

 

・アキレス腱

 

・ヒマラヤチーズ

 

・鹿の角

 

どれもわんちゃんが大好きな物ばかりですが

上記のおやつは硬すぎるので要注意です!

(ヒマラヤチーズは石よりも硬いと言われています)

 

 

中型犬や、大型犬でもこのようなおやつで歯が欠けてしまい来院される方、意外と多いんです。

もし、硬いものをかじって歯が欠けてしまった場合、露髄している歯は48時間以内に適切な処置を行わないと抜歯しないといけなくなりますo(;△;)o

 

 

◆ お外遊びにも注意が必要

 

フリスビーやボール遊びが好きなわんちゃんも多いと思います。

おもちゃ自体は問題ないのですが、お外で遊ぶ際に砂利がついたままのフリスビーやボールをかじってしまうとこれもまた歯が欠けてしまう原因になってしまうんです…

 

なので、おもちゃで遊ぶ際は室内や塗装されている地面、芝生の上で遊んであげるのがおすすめです(´▽`)

 

 

◆ まとめ

 

わんちゃんの歯は意外と硬いものに弱いので、

おやつをあげるときにはハサミで切れる硬さのものを与える。

おもちゃはプラスチックの棒など硬すぎるものを与えない。

(柔らかいおもちゃでもお外で遊ぶときは砂利がなるべくつかないようにしましょう!)

 

今まで硬いおやつやおもちゃをあげてしまっていた!という飼い主様いらっしゃいましたら一度病院でのお口チェックをおすすめします💡

 

 

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.