ブログ

HOME »  ブログ »  あの夏へ
7月5日
スタッフブログ

あの夏へ

 

 

こんにちは( ̄▽ ̄)

 

 

灼熱の6月に7月の天気を杞憂する看護師の藤居です。

 

 

度々ここで「夏」の話をしている藤居ですが、毎年毎年、こんなはずじゃ

なかった夏の天気に地球の危機を感じますね。

 

 

 

夏の醍醐味は人それぞれ色々あると思いますが、藤居の個人的な

夏の醍醐味のひとつ…

 

 

ジブリ!!!!!!!

 

 

 

 

いや、いつ見てもジブリはええやろ

 

 

 

と思ったそこのあなた!

 

 

 

 

 

 

おっしゃる通りです( ̄- ̄)

 

 

 

 

しかしながら、夏に観るジブリは、なぜか一際良い!

 

 

故に、金曜〇ードショーでよく聞く、「夏は、ジブリ」という

キャッチコピー?割と好きなんですよね。

 

 

そんな訳で今回は、そんなジブリで夏に所縁の深い作品、そして言わずと知れた大ヒット作品、

「千と千尋の神隠し」のお話をしたいと思います!!(プレッシャー)

 

 

 

長くなりすぎないようにストーリーの説明は省きますので、

どうか指をスライドせずにお付き合いくださいませ。

 

 

テーマは、個人的にこの作品の好きなところ!です!!

 

 

①シーン

 

なんといってもまずは好きなシーン、またはセリフですよね。

 

色々浮かびますが、一番好きなシーンは

 

 

「さあ行きな、振り向かないで…」

と千尋とハクが手を放すシーン。(いきなりクライマックス)

 

 

しばらく、残されたハクの手だけが映るところに、より哀愁を感じてジーンとくるシーンです…

 

 

 

この「振り向かないで」といった理由が、

 

また記憶を奪われ「千」に戻ってしまうから、であったり、

 

ハクが泣いている顔を見せたくなかったから、であったり、

 

様々な憶測があるようです。

 

 

この別れのシーンは、さらっとしていながらもしっかりと別れの切なさを

感じさせるバランスが絶妙で、とても好きなのです。

個人的にはこの言葉の理由は深く考えない、それが自分の中での一番良いかみしめ方だと

思っております。

 

ちなみに言うとこのシーンは、「もののけ姫」のラストと対照的なので、

対を成しているようでそこも好きです。

 

 

 

もう一つ、これは印象的なシーンですが…

 

 

 

千尋が油屋を離れ、両親と再会して元来たトンネルを抜けて振り返る。

 

 

 

銭婆たちが作ってくれた髪留めがきらりと光り、千尋は無言でトンネルを見つめた後、

あの怖い母さんに呼ばれてその場を後にします。

 

そして映し出されるラストシーン。

冒頭では建物の門のような建造物だったトンネルが、ただのトンネルに姿を変えているのです。

 

 

これに気付いた時は、鳥肌ものでしたね。

 

 

この一連のラストシーンは、本当に色んなことを想像させられます。

 

トンネルを抜けた千尋は、どんな思いでその先をみつめていたのか?

油屋での記憶はもうなくなっていたのか?

もしトンネルを抜ける前に振り向いていたらどうなっていたのか?

 

戻ってきた元の世界は、どれほどの時間が流れていたのか?

なぜ、トンネルは姿を変えたのか?

 

 

ラストシーンにこれほどの疑問を残す宮崎駿監督、にくいですよね。

 

 

こういう考察は個人的に好きなので、存分に語り合って楽しみたいところです。

 

 

②曲

 

そして、作品を彩る音楽。

 

曲を聴くだけで、その作品そのものや、流れるシーンを思い起こさせるほどの

印象を与える「音楽」そのものの偉大さと、久石譲さんの心に染み渡る楽曲の数々。

 

 

ジブリと久石譲さんの組み合わせはホントに心を奪われますね。

 

タイトルバック、そして先にあげた一番好きなシーンで流れる楽曲。

逆にここではその曲名をタイトルに引用させて頂きました。

(著作権大丈夫かな)

 

 

千と千尋といえばこの曲!と言えるほど印象的です。

 

この曲に歌詞をつけられた「いのちの名前」も、劇中で聞くことはないながらも

また違った良さがございますので、ご存じない方はぜひ一度お聴きください。

 

 

そして主題歌、「いつも何度でも」

 

千と千尋の曲でこちらを思い浮かべる方も多いと思います。

 

この曲をバックに、エンドロールで映し出される劇中に登場した風景画が、

物語が終わる哀愁をより一層引き立たせているように感じます。

 

 

 

音楽だけで楽しむもよし、いや劇中シーンと共に!という意見もよし。

 

 

 

という訳で。

 

しっかり観てなくてあまり印象がない、ということがありましたら是非一度ご視聴下さい!

 

 

 

長々と話しながらも、割とありきたりなことしか言えずお恥ずかしいですが、

 

物語の後に千尋とハクがもう一度出会えたことを祈って締め括りとさせて頂こうと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました!笑

 

 

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.