耳の内視鏡検査

HOME »  診療科目 »  耳の内視鏡検査

治りにくい耳の病気を内視鏡検査で原因を追求して、適切な治療を行います!

外耳炎になりやすい犬猫の耳の形

動物病院に来院する理由の中で、ダントツに多いのは耳の病気で外耳炎です。外耳炎は厄介な病気で、一時的に良くなっても、外耳炎が慢性化してしまい治療を繰り返す子もたくさんいます。
なぜなら、従来の獣医療では耳の処置・治療は困難であったからです。

犬猫が外耳炎になりやすい理由

犬や猫の耳の穴は途中でトンネルが曲がっており(図矢印)、 耳道がまっすぐの人間に比べて複雑です。そのため、耳の奥や鼓膜までが見えにくく、処置が困難でした。今までの獣医療では、盲目的な治療をされてきました。鼓膜をうまく確認出来ないままの治療、一部確認できたとしても奥の耳垢や鼓膜の異常に対して治療ができませんでした。
イメージ

難点を解決してくれる耳内視鏡システム(オートスコープ)

イメージ イメージ

耳内視鏡システムで治る外耳炎へ

裸眼ではみえにくい耳の奥を処置することで、やっと外耳炎が治癒に向かいます。耳内視鏡での処置は、何度も繰り返すことと全身麻酔での処置が必要となります。外耳炎は悪化していくと、手術で耳を取らなければならないこともあります。そういった状況を避けるためには、この耳内視鏡が現在ベストな治療法といえます。耳についてお悩みの飼い主様は、ぜひご連絡ください。

  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.