避妊去勢手術

HOME »  避妊去勢手術

避妊去勢手術の不安な点

  • 一生に一度しかない避妊手術のため不安
  • かかりつけの動物病院があるから手術だけしてもらいたい
  • できるだけ負担のない治療をしてあげたい

そんなあなたこそ当院にお任せください

  • 出来るだけペットの痛みが少ない治療をやりたい方
  • 一生に一度の避妊手術を出来るだけ専門医に診てもらいたい方
  • 手術と術後のサポートのみ、専門医に診てもらいたい方
  • 設備の充実した施設で手術を受けたい方
  • 傷口が小さく、術後のリスクが少ない治療を受けたい方

腹腔鏡手術とは

動物の身体の負担が少ない手術法です。
従来の開腹手術のようにお腹を大きく切ることなく、皮膚を数カ所切開して(10mm程度)器具やカメラを挿入し、テレビモニターでお腹の中を観察しながら行う手術です。拡大された鮮明な画像で手術を行うことができ、画像を保存することで手術後に飼い主様もご覧いただくことができます。また、傷がとても小さいため、手術自体の負担が少ないことはもちろん、術後の経過においても身体の負担が少ないことが特長です。

イメージ

「腹腔鏡手術」の5つの特長

①痛みが少なく、回復が早い

通常の手術に比べて傷が小さいので痛みも少なく、痛みに弱い小型犬にとっては大きな利点です。術後の胃腸運動の低下も起こりにくいです。

②傷が小さい

従来の手術では、傷が大きくなってしまう中型犬や大型犬によっては大きな利点となります。傷が小さくて体温が下がりにくいことは小型犬にとっても大きな利点です。

③術後のリスクが小さい

開腹手術の場合、内臓が空気に触れたり、直接臓器を触るのでその部分が癒着を起こすことがあります。腹腔鏡手術の場合は、このリスクが非常に少ないです。

④安全な手術ができる

ヒトの医療においては、腹腔鏡手術は通常の開腹手術に比べて免疫系に与える悪影響が少ないとも言われています。

⑤日帰り手術が可能

翌日には、普段通り元気に回復する可能性が高いです。
※麻酔の影響もあるので、1日入院していただく場合もあります。

通常の手術との違いとは

開腹手術 腹腔鏡手術
安全性 安全 安全
内視鏡下で止血の確認ができる
傷の大きさ 5〜10㎝
卵巣・子宮に負担がかかる
止血の確認が困難
5㎝程度
脂肪の量によって卵巣や子宮を取り出すため、
傷を1〜2㎝に拡大することもある
入院・術後の看護 2日間程度
3日間ほどはあまり元気がない
日帰りも可能
翌日には、普段通り元気に回復することが多い
傷の直り 約10日で抜糸ができる 10日で抜糸ができる
1つ1つの傷が小さいため、治りが早い
動物への負担 大きい 小さい
手術費用 腹腔鏡手術に比べて安価 開腹手術に比べて高価
手術器具が高額なことが多い

治療の流れについて

  • ①トロカー(お腹の中へアプローチするトンネル)をお腹に刺入する。
  • ②お腹に二酸化炭素ガスを入れて、腹腔内を膨らませ手術スペースを作る。
  • ③トロカーから内視鏡、鉗子を挿入して手術を行う。
  • ④摘出する卵巣をソノサージという超音波メスで切除し、止血確認する体内に糸を残すことなく血管を処理できるので体に優しい。
  • ⑤手術が終わったら、ガスを抜き、皮膚を縫合して終了。
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 〒520-3047 滋賀県栗東市手原3-7-15
  • TEL:077-554-6666/ FAX:077-598-1122
  • 受付時間:9:00~19:30
  • 対象動物:犬、猫、鳥、うさぎ、ハムスター(予約制)
  • クレジットカード対応:VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
12:00〜16:00 手術・検査
(フードや薬の受け取り、ペットホテル、トリミングの対応は可能)
15:00〜18:00
16:00〜19:30
  • アイコン01
  • アイコン02
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト
  • 獣医師勤務表
  • WEB予約
  • アクセス
  • トリミング専門サイト

© konishianimalclinic all rights reserved.